本文へ移動

ご挨拶

ごあいさつ

理事長あいさつ

あおい会本部 古川保育園にて
障害者福祉については、昭和56年の「国際障害者年」を契機に「ノーマライゼーション」や「リハビリテーション」の考え方が国民に浸透し、障害者に対する施策は飛躍的に充実しました。
更に、平成15年の支援費制度の開始では、障害者のサービス利用に契約制度が導入され、個々の障害者に最も適した事業者を自らが選ぶことができるようになり、障害者自らが選択するという画期的な制度となりました。その後も平成18年に障害者自立支援法が施行され、後に障害者総合支援法と法律の名称や内容が多少変わってきましたが、この間「発達障害」や「難病」も障害者福祉施策として対応できるようになり、一歩ずつ着実に進展してきたと考えております。
ただ、現行制度においても支援が困難な方や種々の制度を利用しにくい障害者の皆さんもおいでになると思います。
このような中、社会福祉法人あおい会においては、障害者の皆さんの立場に立ち、これらの方々に寄り添いながら、より質の高い支援に取り組んでまいりますので、今後ともご支援をよろしくお願い申し上げます。

社会福祉法人 あおい会 理事長 菅野 良昭
 

施設長あいさつ

知的障害者支援施設星の里は、平成5年のオープン以来地域の障害者の福祉向上のため、地域社会に奉仕するとともに、個々の障害者の特性に合致したサービスを提供することを支援の理念の一つとして歩んでまいりました。
現在実施しているサービスは、生活介護、施設入所支援の他、短期入所や日中一時支援となっていますが、特にクッキー、パン、ピザ製造等の加工班、さおり織を中心とした工芸班、その他農耕班等の日中活動(生産活動)にも力を入れており、利用者の生きがいづくりや社会参加に役立っていると思います。
今後の障害者福祉は、法律の改正に伴う制度改正のほか、障害者の高齢化、障害度の重度化、障害の長期化等の困難な局面が待っていると思いますが、職員一同一致結束して時代のニーズに即した質の高い支援に取り組む決意を新たにしているところでございます。
何卒皆様方には忌憚のないご意見やご提言を賜りたく、よろしくお願い申し上げます。

知的障害者支援施設星の里 施設長 日野 惠廣
 
TOPへ戻る