本文へ移動

各サービスの利用料金

サービスを利用したときの費用

サービスを利用したら、負担能力に応じた利用者負担を支払います。ただし、障害福祉サービスおよび補足具にかかる月ごとの利用者負担は、世帯の所得(※)に応じて、上限額が決められています。また、上限額より費用の1割相当額が低い場合には、1割を負担します。
 
(※)所得を判断するときの世帯の範囲
  • 18歳以上の障害者(施設に入所する18、19歳を除く):障害者本人とその配偶者。
  • 障害児(施設に入所する18、19歳を含む):保護者の属する住民基本台帳での世帯。
 

◆障害者の利用者負担

区分
世帯の収入状況
負担上限額(月額)
生活保護
生活保護受給世帯の人
0円
低所得
市町村民税非課税世帯の人
0円
一般1
市町村民税課税世帯の人(所得割16万円未満)
入所施設利用者(20歳以上)、グループホーム利用者を除く
9300円
一般2
上記以外
37200円

◆障害児の利用者負担

区分
世帯の収入状況
負担上限額(月額)
生活保護
生活保護受給世帯の人
0円
低所得
市町村民税非課税世帯の人
0円
一般1
市町村民税課税世帯の人
(所得割28万円未満)
通所施設、ホームヘルプ利用の場合
4600円
入所施設利用の場合
9300円
一般2
上記以外
37200円

●高額障害福祉サービス等給付費

同じ世帯に障害福祉サービスを利用する人が複数いる場合などでも、合算した額が上限額を超えた分は「高額障害福祉サービス等給付費」として支給されます。

●施設でサービスを利用した場合

施設でサービスを利用する場合の食費や光熱費などは全額自己負担ですが、所得の低い人は負担が軽減されます。
くわしくは、市区町村の担当窓口までお問合せください。
TOPへ戻る