本文へ移動

安全安心対策

防災計画、防犯計画

安心安全対策として、防災計画書、防犯計画書を用意しています。

防災計画書

火災・風水害・地震等の災害対策ならびに予防について、非常災害時に備えて被害を最小限にするため、防災意識の高揚に努め、避難訓練を行い、利用者及び職員に徹底を行う。
また大災害時(南海トラフ地震等)を想定し、職員間の連携強化を図り利用者・職員の安全を確保することを目的とする。
 

防犯計画書

防犯について点検項目のチェックリストを作成し日常の対応として、園内体制と職員の共通理解を深め評価が悪かったものに関しては今後の改善計画とし「防犯マニュアル」を作成し、定期的に訓練を行う。

防災対策(避難訓練等の計画及び実施風景)

防犯対策

平成28年7月に発生した神奈川県相模原市の津久井やまゆり園の事件を受け、星の里では利用者さまに安心して生活していただくため、「防犯カメラの増設」や「センサーライトの増設」、また、既存の自動火災通報装置に「警察への自動通報機能」を追加する等の防犯対策の充実に取り組んでいます。

食中毒の衛生対策

職員は、研修を受け衛生対策をしております。

外から施設内に入る時、洗面所で手を洗った時、トイレを出た後、CLEAR LADYを使用し手の雑菌を死滅させ手を清潔に保っております。

利用者さんは、朝食、昼食、夕食前にアルカリ水、酸性水に手をつけてもらい手の消毒を行っております。

洗面所で手を洗った時、トイレを出た後、CLEAR LADYを使用し手の雑菌を死滅させ手を清潔に保っております。

平成26年度 福祉サービス第三者評価 評価結果報告書

TOPへ戻る